【送料無料】 235/65R18 18インチ MONZA モンツァ ワーウィック エンプレス メッシュ 8J 8.00-18 YOKOHAMA ヨコハマ ジオランダー SUV G055 サマータイヤ ホイール4本セット


 >  > 【送料無料】 235/65R18 18インチ MONZA モンツァ ワーウィック エンプレス メッシュ 8J 8.00-18 YOKOHAMA ヨコハマ ジオランダー SUV G055 サマータイヤ ホイール4本セット



「ハロウィン?」

首を傾げるリリスに、ニコが頷いた。

「ここトルイユの街は、かつてモンスターが多く生息する地域でした。
そこでモンスター除けとして、年に一度ハロウィンという行事をしていたのです」
「そのハロウィンというのは具体的にはどのようなことをするのだ?」

ナユタが訊ねると BOSCH エアロツイン ワイパー BMW 7 シリーズ [F 02] 2008年11月~2012年6月 左ハンドル用 2本セット A523S 3397007523、ニコはおもむろに椅子から立ち上がり窓際へと向かった。
窓の外には目と鼻と口らしきものが彫られた大小様々なオレンジの丸い物体が、道の脇に並べられていたり、軒に吊るされていたりと、街を飾りつけている。
まだ日が沈んでいないためわかり難いが、物体の目、鼻、口が内側から光を放っている。
ニコは向かいの建物に飾られているそれを指さした。

「まず街中にモンスター除けとなるジャックランタンを飾りつけます。
そして街の住人もモンスターから身を守るため、お化けや魔法使いといった様々な仮装をするそうですよ」
「あんなもんがモンスター除けになんのかー?」
「確かに、あんなのでモンスターが来なくなるンだったら苦労しねェな」

ソーとネイトがニコの横から、窓の外に顔を出す。
二人とも胡乱げな顔つきをしており、ジャックランタンを信じていないようだ。

「実際に効果があるのかは不明ですが……
まあ、おまじないのようなものだと思っていた方が良いでしょう」

大陸東部にあるトルイユの街は、近くに川と森があり資源に溢れている。気候も温暖で人々にとって住みやすい地であったが、それはモンスターにも同様のことだった。
そのためトルイユではモンスター除けの儀式を行っており、昔はもっと堅苦しくお祭りのようなものではなかったが、年月とともに軟化していった。
過去の儀式がどのようなものなのかはわからない。
けれど今を生きるトルイユの住人はみんな幸せそうで、子ども達もハロウィンを楽しみにしているようだった。
リリスは窓の外の光景に顔を綻ばせると、胸の前で両手を合わせた。

「ねえ、私達もハロウィンに参加しない?」
「なに……?」
「俺達もハロウィンを?」
「うん!」

言外に「やろう」という意が込められているのが伝わったのか、キリテとナユタが困惑する。
そんな中で真っ先にリリスに賛同したのは、ソーとカミュだった。

「イイじゃんイイじゃん、面白そー! やろうぜハロウィン!」
「はーい! ぼくもハロウィンやりたいー!」

二人はやる気満々で、すぐにでも街の人達に混ざって参加しかねない勢いだ。
そこへドア横の壁にもたれかかっていたキリテが口を挟む。

「つまり、俺達もこの街の住人のように仮装をするということか?」
「それだけではありませんよ。仮装した人たちは街を訪ね歩き『トリック・オア・トリート』と言って、お菓子を貰うのです。言われた人はお菓子をあげなければならず、
持っていない場合はいたずらされてしまいます」
「な……っ! わざわざ一軒一軒まわって菓子をねだらなければならぬというのか!?
私はそのようなこと絶対にやらぬぞ!?」
「落ち着いてくださいナユタくん。これは子ども達が大人に言う言葉です。
ですから大人がお菓子を用意し、子ども達に振る舞うというものなのですよ」
「あー、びっくりした。ナユタが首傾げながら甘えた声で『トリック・オア・トリート♪』なんて言ったら不気味なだけだぜ……」
「私だけに限定するな! 貴様がやっても気持ち悪いだろうが!」

ナユタがソーの胸ぐらを掴む。まあまあと宥めていると、その横でカミュが顎にあてていた指を顔の横でぴんと立てた。

「リリスならいいんじゃない?」
「えっ? 私?」

突然の自分の名があがり、リリスはきょとんとした。
カミュが嬉々とした表情で続ける。

「リリス、お菓子好きでしょ?
だから、みんなの部屋をまわってトリック・オア・トリートって言って、お菓子を貰うの!」
「そりゃあ、お菓子は好きだけど……
でも私がみんなから貰うのって、なんか違ってるような気が……」
「細かいことは気にしない! ね! やろうよ!」
「つーか、カミュは単にハロウィンをやりてェだけだろ?」

ネイトが呆れた口調でリリスとカミュの間に口を挟む。
カミュはむっとなって、腰に手をあてると全員を順繰りに見やった。

「みんなはそんなにハロウィンするの嫌なのー? 楽しそうなのにー。
リリスだってやりたいよね?」
「う、うん……でも、みんなが嫌がってるなら無理にはできないよね……」

自分達もこの街の人達のように楽しめたらと思って提案したが、さっきからみんなの仲が険悪になっているような気がする。
リリスは仕方ないと思いながらも、少しだけ肩を落とした。
すると、頭上からニコの明るい声が降りかかる。

「わたしはかまいませんよ。なんだか面白そうですし」
「ニコ……いいの?」
「ええ」
「俺もいいぜ。たまにはパーッと騒ぐのもいいしな」
「あれ? ネイト、嫌だったんじゃないの?」
「嫌だなんて一言も言ってねェだろ。リリスがやりたいンならいいさ。
いくらでも付き合ってやるよ」
「ネイト……」

ネイトが犬歯を覗かせて笑う。リリスもつられて相好を崩した。
そこへキリテが淡々と、とんでもない言葉を発した。

「ハロウィンをやるのはいいが、ネイトはすでに仮装しているようなものではないか?
――耳と尻尾が」
「これは仮装じゃねェ!!」

ネイトが耳と尻尾を逆立てる。無自覚なだけに性質が悪い。
ソーの胸ぐらから手を放したナユタが呟いた。

「まさかキリテ殿が言うとは……
ああいうことを言うのは、ソーぐらいだと思っていたのだがな」
「……実はオレもそう思ってた」

締めあげられた胸元を直しながら、ソーもナユタに同意する。
ネイトはいまだキリテを睨みつけている。このままではいけないとリリスは声を大にした。

「ね、ねえっ! ソーとネイトとニコとカミュはハロウィンやってくれるんだよね?
それじゃあ、キリテとナユタは? ……やっぱりやりたくない?」
「…………」
「…………」
「…………」
「…………」

五人の視線がキリテとナユタに突き刺さる。
リリスはどこか悲しげだったが、ソー、ネイト、ニコ、カミュの目つきはどこか鋭く「やるよな?」という脅しが込められていた。
キリテとナユタは顔を見合わせると 、同時に息を吐いた。

「俺も参加しよう」
「私もだ……」

二人の言葉に喜びを露わにしたカミュが飛んでくる。
リリスも表情を明るくし、カミュと手と手を合わせた。

「じゃあ、みんなでハロウィンだね!
あ、でも仮装する衣装ってどうすればいいのかな?」
「それならここの宿屋の主人がいくつか持っているそうですよ」
「マジで!? つか、何でニコがそんなこと知ってんだよ!」
「トルイユのハロウィンのことは知っていましたから、宿屋の主人に聞いたのですよ。
そうしたら、旅の人でも参加できるように、いくつか常備していると」
「へー、すげェな。それで、どんな仮装があるンだ?」
「魔法使い カムリ(プロミネント除く) ACV30・35 H15.8~H18.1 アラデンLSボディーカバー LSB1、狼男、バンパイアと種類は多岐に渡っていましたね。
そうそうジャックランタンもどきというのもありましたよ」
「ええぇ……それってもしかして全身オレンジとかになんのか?
すっげぇ嫌なんだけど……」

ソーが露骨に嫌な顔をする。他の皆もジャックランタンもどきは勘弁なようで、眉間に皺を寄せていたり、首を振ったりしていた。

「と、まあそれぞれの意見を聞いていると重なることもあるでしょう。
ですから、誰がどの仮装をするかはクジで決めませんか?」
「クジ?」

リリスの肩の上でカミュが問う。
ニコが肯定すると、リリスは少しだけ不安を滲ませた。

「ニコ……それって私もクジするの?」
「聖女は女性ですからかぶることもありませんし、お好きなものを選んでかまいませんよ」
「良かった……」

リリスは胸をなでおろした。街の人がしている仮装はどれも奇抜だったが、さすがにジャックランタンもどきはリリスもしたくなかった。
一変してなんの仮装をしようかと心を弾ませると、カミュがタイミングよく見上げてくる。

「リリスは可愛いのにしてね!」
「そうそう! バニーガールとかだったら最高!」
「馬鹿か貴様は!」
「イタッ」

わざとらしくソーが殴られたところをさする。
ナユタもそれがわかっているようで憮然としていると、ソーがさすっていた手を止めて口角を上げた。

「ナユナユだってホントは見たいんだろ?」
「な……っ!? そ、そんな、私が見たいわけがなかろうっ! ななな、何を言っているのだ!! それに、わ、私をナユナユと呼ぶなっ!」
「思いっきり動揺してねェか……?」
「してるな。まあ、ソーの言う仮装をしているリリスを見たいというよりも、単に驚いているだけのようだが」

大腿に肘をついている手を顎に乗せながらあからさまにネイトが呆れ、キリテが冷静に分析する。
リリスが乾いた笑みを浮かべていると、横から手が伸びてきた。

「早速ですがクジを作ったので、聖女が持って下さい」
「は、早いね、ニコ……」

ニコの手には六本の細長い白い紙が握られている。紙の端には何やら文字が書かれてあった。
おそらく仮装するものの名前が書いてあるのだろう。
それにしても、まるで最初から用意していたような手際の良さだ。
リリスはニコから紙を受け取ると、文字が書かれている方を隠して持った。

「はい! みんな好きなクジ選んでね!」
「じゃあ、ぼくはこれ!」
「あ、ずりーぞ! ならオレはこれだ!」
「ンじゃ、俺はこれでいいぜ」

カミュ、ソー、ネイトが順々にクジの先端を摘む。
続いてキリテ、ナユタ、ニコも残りのクジから一本を選ぶと、ソーが掛け声をかけた。

「それじゃ、いくぜ……せーの!!」

 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 

夜になり、街はジャックランタンの明かりに包まれた。
部屋で仮装を終えたリリスは、自分の姿を見下ろす。
膝丈の白いシフォンワンピースと同じく白いロングブーツ。後ろでひとつに結っているリボンも真っ白と、身につけているものすべてが純白だった。
しかし一番特徴的だったのは、背中にある小さな白い羽根だった。
頭にはわっかの代わりに白いカチューシャをしている。
リリスが選んだ仮装は天使だった。
ワンピースは一見いつもと変わらないかとも思ったが、肩と背中が剥き出しになってしまっていてちょっと恥ずかしい。
リリスは少しずれていた肩紐を直すと、部屋を出た。

「最初は確かカミュのいる一階の食堂だったよね」

階段をおりて、宿屋の一階にある食堂を目指す。
カミュはリリスと同室だったため [β211] ACRE / ユーロストリート ブレーキパッド フロント用 アウディ A3 / A3 Sportback / A3 Sedan 8L 8LAPG 01.4~03.9、お互いの仮装が見られないよう食堂で着替えたのだ。
また今日は宿屋に宿泊しているのがリリス達だけらしく、主人のはからいで食堂を貸し切りにしてもらった。あとでハロウィンパーティーを開こうと、主人がごちそうを作ってくれているらしい。
それまでは、リリスがそれぞれの部屋を訪ねて「トリック・オア・トリート」を言い回ることになっているのだが、お菓子を貰うよりも皆がどんな仮装をしているのか楽しみだった。
そして一番手はカミュ。リリスは一階の食堂の前まで来ると、ドアをノックした。
中からカミュの声がして、ドアが開く。

「カミュ、トリック・オア・トリート……って、あ!」

リリスは仮装したカミュを指さして声を張り上げた。

「ジャックランタン!」
「えへへー。そうだよー!」

【送料無料】 X 235/65R18 18インチ MONZA モンツァ ワーウィック エンプレス メッシュ 8J 8.00-18 MAK YOKOHAMA ヨコハマ ジオランダー SUV G055 サマータイヤ ホイール4本セット

カミュがはにかみながら、目の前をくるりと飛ぶ。
ジャックランタンの形をした帽子をかぶり、オレンジのポンチョを身にまとっている。
ポンチョにも当然、ジャックランタンの顔が描かれていた。
背中にはカミュの羽根が出るよう、きちんと切れ目も入っている。

「宿屋の主人の奥さんが、即席でぼくように小さくしてくれたんだー!」
「皆、ジャックランタンの仮装は嫌がってたけど……
カミュは似合ってるね。とっても可愛いよ」
「ありがと! リリスもすっごく可愛いよ!
リリスも羽根が生えてるけど、ひょっとして妖精?」
「ううん。私のは妖精じゃなくて天使なの」
「なーんだ。リリスも妖精になってくれたのかと思ったのに残念だなー」

頭の後ろに手を回していじけるカミュに、リリスは笑みを零す。

「ごめんね。あ、そうだカミュ。さっきも言ったけど、トリック・オア・トリートだよ」
「ああ、お菓子だね! うん、ちゃんと用意してあるよ!」

カミュがひとつのテーブルに向かって飛んでいき、黄色の包み紙で包まれたお菓子を抱えて戻ってくる。

「はい、チョコレートだよ!」
「ありがとうカミュ。これでカミュにいたずらはなしだね」
「うん! あ、ちょっと待って」
「カミュ?」

チョコレートを受け取ろうとしたところで、カミュが自分の腕の中に引き戻す。
そして包み紙を開けてチョコレートを取り出すと、リリスの口の前に持ってきた。

「リリス、あーんして! ぼくが食べさせてあげるよ!」
「カミュが……? えっと、これでいい?」

カミュに促され、口を開ける。
直後、カミュの持っていたチョコレートが口の中に入れられた。
ほのかな苦みととろけるような甘さが口内に広がる。

「どう? 美味しい?」
「うん、美味しいよ。ありがとうね、カミュ」
「どういたしまして! ……って、ちょっと待って。
口のところにチョコレートがついてるよ」
「え? どこ――」

口元に指を伸ばしかけたところで、カミュが近づいてきて口端に唇を寄せてくる。
小さな音を立てると、カミュが離れて「ごちそうさま」と笑った。
リリスはカミュに口づけられた部分を手で押さえた。わずかに頬に熱が集まる。

「もう、カミュってば……」
「美味しかったよ、チョコレート! 次はナユタのところだったよね?」
「うん。そうだよ」
「皆のところに回ったら、ここに来てくれる?
リリスが全員のところに行き終わるまでに、パーティーの準備終えておくから」

食堂内はある程度飾り付けられていたが、テーブルにはまだ料理がなかった。
まだ調理しているのだろう。リリスは頷くと、ナユタのいる部屋に向かった。
ナユタの部屋は階段をあがってすぐだ。
のぼりきったところで足を止めると、リリスはドアを叩いた――が、ドアは開かず、ナユタからの返事もない。

「もしかして、部屋にいないのかな?
でも、みんな仮装してそれぞれの部屋で待ってるって言ってたし……」

もう一度リリスがノックしようとした時、内側からゆっくりとドアが開いた。

「ナユタ、やっぱりいた――……」

んだね、と言おうとしてリリスの口が開いたまま固まった。
リリスの目に飛び込んできたのは、全身を包帯でぐるぐる巻きにした男。
頭のてっぺんから足の先まで白い包帯が巻かれている。
かろうじて巻かれていない眼の部分と、そこにかけられている眼鏡。
包帯から少しだけはみ出ている紫の髪がなければ テクニウム TECNIUM 鍛造ピストン HONDA CRF450R 2009-11用 (PISTON FOR HONDA CRF450R Tecnium FORGED ’09 -11【ヨーロッパ直輸入品】) SIZE:Φ95.96mm、誰かわからなかったかもしれない。

「えっと……トリック、オア……トリート……?」

なんとか言葉にすると、包帯男が腰あたりに巻かれている包帯の隙間に手をつっこみ、お菓子の入った袋を取り出す。リリスが手を出すとそこに袋を乗せてきた。

「……………………」
「……………………」
「……………………」
「……………………。…………ナユタの仮装って、なに?」

おそるおそる訊ねる。するとナユタが全身を戦慄かせ、次の瞬間、顔を覆っている包帯を剥ぎとった。

「ええい、もうやってられぬっ!! 何故、私がこのような仮装をせねばならぬのだっ!?」

力任せに引っ張ったため、包帯がいくつかちぎれて床に落ちる。まだ多少まとわりついているが頭部から胸元までの包帯がほとんどなくなり、ナユタの素肌が見えた。まさか。

「あの、ナユタ……? ひょっとして、包帯の下って服とか何も着てないの……?」

思えば包帯がナユタの体のラインに沿っている気がする。しかも普段の騎士服をきっちりと着こんでいる姿と違って、なんだか妙な色気があった。
腕や胸下も徐徐に緩んできており、ナユタの肌が覗いている。
その妙な色気に目を離せないでいると、ナユタが部屋の壁に片手をついてげんなりと顔を俯かせた。

「私が引いたクジにはミイラ男と書かれていたのだが……
どの衣装がそうなのかわからず、宿屋の主人に訊ねたところ、大量の包帯を持ちだして……」
「ミイラ男……」

それで包帯でぐるぐる巻きだったのかと納得していると、ナユタがいきなり頭を上げて激高した。

「私の服を脱がせようとしたのだ!」
「え、えっと……ナユタ、よく許したね……」
「当然、私は反抗した! 
しかし、ミイラ男の仮装をするためには脱げと実力行使でこられ……っ!!
……………………下だけはなんとか守った」
「ご、ご苦労さま……に、似合ってるって、言わない方がいいんだよね…………きっと」

語気がだんだん尻すぼみになっていく。
今のナユタに慰めの言葉は、かえって彼を傷つけてしまいそうだ。
憐れみの目を向けていると、ナユタがさっきリリスにあげたお菓子の袋から一口サイズの星型のクッキーを一枚取り出し、口元へ近づけてきた。

「というわけで、さっさと終わらせるぞ。リリス、口を開けろ」
「ええっ!? なんでナユタまでそんなことするの!?」

リリスはぎょっとして後ずさる。
後退した分、ナユタがクッキーを持って迫ってきた。
今の姿が姿なだけに、

【送料無料】 235/65R18 18インチ MONZA モンツァ ワーウィック エンプレス メッシュ 8J 8.00-18 YOKOHAMA ヨコハマ ジオランダー SUV G055 サマータイヤ ホイール4本セット

14インチ サマータイヤ セット【適応車種:アルト ラパン(HE21系)】HOT STUFF ララパーム カップ パールホワイト/リムポリッシュ 4.5Jx14SINCERA SN832i 165/55R14, 15インチ サマータイヤ セット【適応車種:オッティ(H92系 14インチ装着車)】HOT STUFF シュティッヒ レグザス フォーブス ブラック/マシニングポリッシュ 4.5Jx15ヨコハマ Sdrive ES03 165/50R15, K&S TECHNOLOGIES ケイアンドエステクノロジーズ ウインカー マーカー ライト S/F ミニクローム【MARKER LGHT S/F MINI CH [2040-0321]】, キタコ 【KITACO】 鍛造ピストン(60/3R) (KSR110-160) 【351-4021810】, 【メーカー在庫あり】 ホンダ純正 ディスク リアブレーキ 43251-MCJ-000 JP店 10000円以上送料無料 遠沈管 339651 【容量15mL】 入数:500本 滅菌済 ホビー・エトセトラ 科学・研究・実験 必需品・消耗品 レビュー投稿で次回使える2000円クーポン全員にプレゼント, フレームワーク ラウンドファスナー長財布 〔マニフィーク〕FRAME WORK 0041912【レディース】【希望者のみラッピング無料】【プレゼントに♪】, 吉田カバン YOSHIDA & Co. ポーター PORTER カレント CURRENT 052-02210 ロングウォレット L字ファスナー 長財布(コインケース付き) 【RCP】 【smtb-KD】 【】 【】, レイバン ジャスティン サングラス RB4165F 606/U0 55 Ray-Ban ライトカラーレンズ フルフィット JUSTIN LIGHT COLOR LENS 伊達メガネ 眼鏡, ジェシカシンプソン ヒール Bethani Lipstick ハリケーン 300エイプハンガー1 ハンドルセット 01年-08年 XJR400R クローム H303-082C HD店

【送料無料】 235/65R18 18インチ MONZA モンツァ ワーウィック エンプレス メッシュ 8J 8.00-18 YOKOHAMA ヨコハマ ジオランダー SUV G055 サマータイヤ ホイール4本セット:シエクル siecle レスポンスリング(RESPONCE RING)シングル トヨタ カローラルミオン ZRE14# 2ZR-FE 06.10~12.05用 ブリヂストン NEXTRY ネクストリー サマータイヤ 205/70R15 MONZA JP STYLE CRAVER ホイールセット 4本 15 X 6 +45 5穴 100

【送料無料】 235/65R18 18インチ MONZA モンツァ ワーウィック エンプレス メッシュ 8J 8.00-18 YOKOHAMA ヨコハマ ジオランダー SUV G055 サマータイヤ ホイール4本セット.ジャスティ 900F のフロアマットやラゲッジマットを揃えたら、隙間を埋めるフラットマットがおすすめです!段差解消シートクッション 車 マット 軽量 (4個 ブラック) ステップマット ラグマット トランクマット 内装 ドレスアップ キャンピングマット フィット用 ギヤーASSY.セカンダリードライブフィットフィットアルマス 23240-PWR-010

[3714073] DIXCEL PD ブレーキローター フロント用 カルタス/カルタス クレセント GC41W 95/1~02/08 19インチ サマータイヤ セット【適応車種:セルシオ(30系)】WEDS レオニス FY BMCミラーカット 8.0Jx19トランパス LU2 245/40R19

、ちょっと怖い。

「ニコが言っていた。ハロウィンであげた菓子は相手に食べさせなければならぬと」
「そ、それ、本当かなあ……」

どうも胡散臭い。けれどハロウィンに一番詳しいのはニコで、確認のしようがない。
リリスは諦めた……が、恥ずかしいものはやっぱり恥ずかしい。
カミュとは小さい頃から過ごしていた分、照れはそれほど感じなかったが、ナユタにされるとなると羞恥心でいっぱいだった。

「ううぅ……は、早くしてね……」
「わ、わかっている。私とて……は、恥ずかしいのだからな……」

ナユタがリリスの頬に手を添えて、顔を少し上向かせる。
クッキーが口に入れられると ブレス ハイエース 200系 3型 ワイドボディ エルモードフロントバンパー 本体のみ、ナユタはすぐさま頬にやっていた手を放し、リリスから顔を背けた。リリスもナユタとは反対の方へ顔を向ける。

「あ、ありがとう……」
「い、いや……」

ちらりとナユタを一瞥すると、ほのかに耳が赤い。
自分も同じくらい赤くなっているかもしれないと、リリスは両耳を手で隠した。
リリスはカミュからの伝言を思い出し、ナユタに伝える。

「食堂でパーティーの準備をしてるから、終わったら手伝ってほしいって言っていたよ」
「わ、わかった……リリスは、次は誰の所へいくのだ?」
「次はネイトだよ」

言って、次はネイトにお菓子を食べさせられるのかと思い至る。
リリスはネイトのところへ行こうと部屋を出ると、ナユタに呼ばれて振り返る。
視線を泳がせるナユタに訝しむと、不意にこちらを見て言った。

「リリスの仮装は天使なのだな。可憐で、とてもよく似合っていると……思う。
……では、またあとでな」

薄く微笑み、ナユタが背を向けて階段をおりていく。
リリスはその場に佇み、呟いた。

「言い逃げなんて、ずるいよ……ナユタ」

リリスはせっかく引いた赤みが戻ってくるのを感じた。
このままではいけないと両頬を叩いて気持ちを切り替える。
ようやく熱がなくなったところで、

【送料無料】 235/65R18 18インチ MONZA モンツァ ワーウィック エンプレス メッシュ 8J 8.00-18 YOKOHAMA ヨコハマ ジオランダー SUV G055 サマータイヤ ホイール4本セット

、リリスはネイトの部屋へ向かった。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-71985